白い歯に人気のセラミック審美治療(ジルコニアセラミック、ハイブリッドセラミック)をご提案!各種保険治療対応| 03-3777-1182.ブラン品川大井町歯科

ハイブリッドレジン CAD/CAM冠

ハイブリッドレジンCAD/CAM冠

当院は保険対応なので約9,000円(3割負担の場合)

  • 歯を削って型取りをした時
  • CAD/CAM冠が完成した時

約3,000円(保険治療費)
約6,000円(保険治療費)

画像の説明
ハイブリッドレジンCAD/CAM冠 (キャドカム冠)とは、レジン(プラスチック)にガラス微粒子を混ぜ合わせた材質で、レジンよりも強度が増し、歯の象牙質に近いと硬さの素材になります。

画像の説明

ハイブリットレジンのブロックをCAD/CAMという機械で削り出し作る被せ物です。本来被せ物は医院で型を取り、技工所に出し、機械と人の手によって作製していました。ハイブリッドレジン CAD/CAM冠は全て機械で作るのでその分費用が抑えられ作製日数も早くなりました。ただし、レジンは年数が経つにつれて汚れを吸収し、何年も使っていると変色してしまいます。またセラミック含有とはいえ、オールセラミックと比べると表面がややザラついており粗造です。そのためプラークがつきやすく、二次カリエスのリスクを持ち合わせています。しかし金属アレルギーなどの心配もないため、おすすめの素材です。

画像の説明

ハイブリッドレジンCAD/CAM冠の治療を受けられるのは、届け出をして認可を得た医院のみとなります。従いまして当医院は基本どの患者さまでも図中黄色の小臼歯(4番目、5番目の歯)がハイブリッドレジンCAD/CAM冠が保険適用されます。図中緑色(6番)に関しては条件付きで対応可能。その条件とは、上下左右すべてに健全な7番が存在し、左右の咬合支持がある患者に対し、適度の咬合圧が加わらないと歯科医師が診察し判断した場合で保険可となります。詳しくは受診した上での判断となります。従いまして電話、メールでのお問い合わせでの回答不能です。というのも、ハイブリッドレジンCAD/CAM冠は若干強度に不安があるためです。特に第一大臼歯にハイブリッドレジンCAD/CAM冠を使用する場合、歯質がたくさん残っていることが重要です。第一大臼歯は、咬合において非常に大切な役割を持っており、強度が必要となります。しかしハイブリッドレジンCAD/CAM冠は強度の高いセラミックが混ざっているとはいえ、強度の弱いレジンの成分が含まれているため、強度に不安が残るのです。そのため歯質が少ない場合などは、ハイブリッドレジンCAD/CAM冠による修復治療は困難と考えられます。強度がご心配な方はワンランク上のフルジルコニアセラミッククラウンが人気があります。こちらをクリックしてください。当然保険治療でできるところは、ちゃんと適応させていただきます。ご安心ください。歯科金属に対してアレルギーのある方は適応範囲が異なりますので詳しくはこちらをクリックしてください。

よくある質問

  • インレーには適応できますか?
    • 画像の説明

      インレーとは一部金属を詰める治療を言いますが、図のように全部かぶせるクラウンというものが保険のセラミックです。ですのでインレーは対象外と言えるのです。しかしインレーと呼ばれる金属を外し全部削って丸ごと被せば保険で白いセラミックをお入れすることはできますが、小さいインレーの場合はお勧め致しません。大きいインレーならクラウンタイプに全部削るのもいたしかたないと言えますが拝見しないと判断できませんので一度ご来院いただき一緒に検討しましょう。
      金属のインレーを白くしたい場合、無理やり丸ごと歯を削ってまで保険のセラミックを入れたいと望む方も居られず、この場合ハイブリッドセラミックインレーにされる方が今のところほとんどです。

[check]厚生労働省が定める基準

  • 厚生労働省に施設基準の届け出をおこない、認可された歯科医院であること。
  • 歯科補綴治療に関する専門の知識及び3年以上の経験を有する歯科医師が在籍していること。
  • 厚生労働省の定める歯科用CAD/CAM装置、材料を使用して、作製すること。
  • 作製する歯科技工所との連携がとれていること。
    (一部抜粋、改変)

当歯科医院ではこれらの基準を満たし、健康保険が適応となるハイブリッドレジンCAD/CAM冠を取り扱っております。お気軽にご来院、ご相談ください!

a:1942 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional