白い歯に人気のセラミック審美治療(ジルコニアセラミック、ハイブリッドセラミック)をご提案!各種保険治療対応| 03-3777-1182.ブラン品川大井町歯科

ジルコニアオールセラミック

ジルコニアセラミック

長所

その1 自然の歯に近い美しさが得られます。

  • ジルコニア セラミックスは、光の透過性に優れているので、天然の歯のような自然で透明感のある美しさを実現します。

その2 金属アレルギーのリスクを解消します。

  • ジルコニア セラミックスは、体にやさしく安心な素材です。金属を使用しないので、金属アレルギーや歯茎の変色などの心配がありません。

その3 金属と同じくらいの強さと耐久性があります。

  • ジルコニア セラミックスは、金属と同じレベルの強度またはそれ以上の強度をもっているので、適切なメンテナンスを行えば、とても長持ちします。

  • 臼歯部の場合
    基本臼歯部の場合、白いブロックを技工所で加工して、歯の詰め物を作成します。
    強度は金属より硬いためブリッジ(連続2歯欠損まで)ほとんどの症例に対応します。
    硬いからと言って対合歯を削ることの心配はありません。なぜならば、大理石みたいにかみ合う部分だけ磨くことで摩擦がなくなり、削ることがなくなるのです。逆に軽石のように粗造の方が対合歯を削るのでその逆ということをご理解ください。
    ただし、あまり磨くとテカリで不自然な光となるため噛む面の一部だけ磨くのです。
    ※一部ではジルコニア製フレームをもとに従来のセラミックを乗せて作成します。
  • 前歯部の場合
    ジルコニアブロックが真っ白のため、前歯部には不向きです。この場合、構造体の基本となるフレームだけ強度を増すためにジルコニアフレームを使用します。その上に一般的なセラミックをのせて色付けします。強度的短所として、ジルコニアで作るクラウンの短所は、ジルコニアフレーム(コーピング)に盛られた外側のセラミックの強度が80~120MPaと弱いことです。もちろんフレーム自体が土台となり、衝撃のクッションとなっている事もありますが、1000MPaの強度を持つジルコニアフレームが破損しなかったとしても、盛られたセラミックが破損する可能性もあります。また審美的欠点として、ジルコニアブロックが真っ白のためフレームだけジルコニアブロック使うと説明したが、やはり白い下地(ジルコニアフレーム)が強すぎて透明感のある前歯を作成できません。
    そこで、単冠の場合で審美的にお勧めするのがイーマックス(e.max)です。

参照

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional